国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 A問題 50 難易度A

42 歳の女性。顔面と四肢の皮疹および易疲労感を主訴に来院した。1 か月前から顔面と四肢とに紅斑が出現した。2 週前から易疲労感があり、軽度ではあるが四肢の近位に筋肉痛も自覚していた。
意識は清明。身長 158 cm、体重 64 kg。体温 37.4 ℃。脈拍 72/分、整。血圧 138/82 mmHg。呼吸数 16/分。顔面と四肢伸側に紅斑を認める。
尿所見:蛋白(-)、糖(-)。赤沈 58 mm/ 1 時間。
血液所見:赤血球 380 万、Hb10.8 g/dl、Ht 36 %、白血球9,400、血小板32万。血液生化学所見:総蛋白6.8 g/dl、アルブミン 2.8 g/dl、AST 112 IU/l、ALT 38 IU/l、LD 620 IU/l(基準 176~353)、ALP256 IU/l(基準 115~359)、γ-GTP 32 IU/l(基準 8 ~50)、CK 320 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 24 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl。CRP 0.8 mg/dl。
右手背の写真(別冊 No. 23)を別に示す。
この疾患に最も特異度が高い自己抗体はどれか。
A50.jpg
抗 Jo- 1 抗体
抗 dsDNA 抗体
抗セントロメア抗体
抗カルジオリピン抗体
e 抗トポイソメラーゼⅠ抗体
























  

抗 Jo- 1 抗体

Gottron徴候、CK上昇、LDH上昇から皮膚筋炎。
多発筋炎・皮膚筋炎に特異的な抗体はa 抗 Jo- 1 抗体。
下記リンクが感度・特異度もまとまっていてわかりやすいです。

リンク:医学書院 膠原病における自己抗体の考え方と使い方(3) 高田和生(東京医科歯科大学 医歯学融合教育支援センター 准教授)