国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 H問題 31-32 難易度A

48 歳の女性。左下肢の腫脹を主訴に来院した。
現病歴 : 3 日前から特に誘因なく急に左下腿の腫脹、疼痛が出現した。
既往歴 : 2 年前から更年期障害に対してホルモン補充療法を受けている。
生活歴 : 喫煙歴はない。機会※※。
家族歴 : 特記すべきことはない。
現 症 : 意識は清明。身長 154 cm、体重 65 kg。体温 36.8 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 110/72 mmHg。呼吸数 15/分。SpO2 96 %(room air)。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。頸静脈の怒張を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下肢の写真(別冊 No. 5)を別に示す。左下肢には部分的に表在静脈拡張が認められ、左下肢全体に圧痛を認めた。
H-31-1.jpg

31 この患者で最も考えられる疾患についての諸検査の検査特性を表に示す。
検査特性と侵襲を考慮した場合、確定診断のためにまず選択すべき検査はどれか。
H-32.jpg
a D ダイマー測定
b 空気容積脈波検査
c 下肢静脈造影 MRA
d 血小板シンチグラフィ
e 下肢静脈圧迫超音波検査

32 この疾患の治療として適切なのはどれか。
a 抗凝固療法
b 利尿薬投与
c 股関節離断術
d 経皮血管形成術
e リンパ管静脈吻合術
























  

31 - E     32 - a

解説は近日公開
AAA 必修 ζ
画像参照