国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

105回 H問題 36 改

27歳の男性。突然の胸背部痛のため搬入された。
現病歴:車の運転中、激烈な胸痛を突然自覚し、その後、背部にも痛みを伴うようになった。症状が改善しなかったため直ちに救急車を要請した。
既往歴:18歳時に気胸。
家族歴:母親が38歳時に突然死。
現症:意識は清明。身長183cm、体重62kg。呼吸数20/分。脈拍96/分、整。血圧102/60mmHg。頸静脈の怒張を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、拍動性腫瘤を触知しない。検査所見:血液所見:赤血球490万、Hb14.2g/dL、Ht40%、白血球9,900、血小板22万。血液生化学所見:血糖96mg/dL、総蛋白7.4g/dL、アルブミン3.8g/dL、尿素窒素14mg/dL、クレアチニン0.8mg/dL、総ピリルビン1.0mg/dL、AST 24IU/L、ALT 17IU/L。心電図で異常を認めない。内頸静脈から中心静脈力テーテルを挿入した後に撮影した胸部造影CT(別冊No.5)を別に示す。
治療法として禁忌肢の可能性があるのはどれか。
105H36.jpg
a 昇圧薬
b 緊急手術
c 血栓溶解療法
d 副腎皮質ステロイドパルス療法
e 大動脈内バル一ンパンピング