国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

102回 D問題 43 改

70歳の女性。腹痛と右鼠径部の腫瘤を主訴に来院した。半年前から時々右鼠径部の膨隆に気付いていたが放置していた。右鼠径部に3cm大の膨隆を認め、発赤と強い圧痛とを伴っている。血液所見:赤血球419万、Hb13.0g/dl、Ht39%、白血球12,100(桿状核好中球20%、分葉核好中球60%、好酸球0%、単球3%、リンパ球15%)、血小板19万。CK249IU/l(基準40~200)。CRP2.5mg/dl。腹部単純CT(別冊No.14)を別に示す。
禁忌肢の可能性があるのはどれか。
a 高圧浣腸
b 緊急手術
c 鎮痛薬投与
d 膨隆部の穿刺
e 外用抗菌薬塗布
102D43
























  

d 膨隆部の穿刺