国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

106回 D問題 41

58 歳の男性。1か月前からの下腿の浮腫を主訴に来院した。5年前に健康診断
で糖尿病と高血圧症とを指摘されたため、自宅近くの診療所で食事療法の指導を受
け、経口糖尿病薬とカルシウム拮抗薬とを処方されている。眼底検査で明らかな異
常を指摘されていないという。意識は清明。身長 166 cm、体重 70 kg。体温 36.4
℃。脈拍 84/分、整。血圧 142/88 mmHg。呼吸数 14/分。眼瞼と下腿とに浮腫を
認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。神経学的所見に異常を認めない。尿所
見:蛋白(3+)、潜血(+)、沈渣に赤血球 1〜4/1視野、白血球 1〜4/1視野。
血液所見:赤血球 480 万、Hb 15.1 g/dl、Ht 46 %、白血球 5,000、血小板 30 万。
血液生化学所見:空腹時血糖 98 mg/dl、HbA1c 6.0 %(基準 4.3〜5.8)、総蛋白
4.6 g/dl、アルブミン 2.5 g/dl、尿素窒素 16 mg/dl、クレアチニン 0.9 mg/dl、総
コレステロール 300 mg/dl。腎生検の PAM 染色標本(別冊No. 14)を別に示す。
治療として適切なのはどれか。
a 免疫抑制薬の投与
b ワルファリンの投与
c インスリン治療の導入
d 副腎皮質ステロイドの経口投与
e アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の投与
106D41.jpg
























  

e

関連問題:108回 A問題 54