国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 C問題 6 難易度D

聴診法による血圧測定について正しいのはどれか。
a マンシェットの中に聴診器のチェストピース全体を差し込んで測定する。
b 上腕動脈の上に聴診器を置き、血管雑音を確認してから加圧を開始する。
c 70 mmHg まで速やかに加圧し、その後 10 mmHg ずつ加圧しながら測定する。
Korotkoff 音の第1点が確認できない時は、一度完全に減圧してから再度測定
する。
e 減圧を進めて Korotkoff 音が消失したら、すぐにバルブを全開にして急速に減
圧する。
























  

Korotkoff 音の第1点が確認できない時は、一度完全に減圧してから再度測定する。

×b上腕動脈は基本的に血管雑音は聴取しない。
×e Korotkoff音消失したと判断しても10mmhgはゆっくり圧を下げて聴診間隙がないことを確認する。

その他は
・2-3mmHg/secが推奨(実際の臨床現場でやってる人ませんが‥)
・最初のKorotkoff音(Swan第1点)が収縮期血圧、音が小さくなる(Swan第4点)ときか消失する(Swan第5点)ときが拡張期血圧。
DDD 必修 Б