国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 F問題 22 難易度B

88 歳の女性。肺炎のため入院中である。もともと認知症があり要介護 3 であったが、食事は自力摂取できていた。2 日前に肺炎のため入院となり治療を行った。本日朝には平熱となり、介助によって経口摂取も可能となった。同日深夜、物音に気付いて看護師が訪室すると、患者がベッド脇の床に倒れていた。当直医が呼ばれて診察したところ、出血や裂創はみられないが、患者は「いたい、いたい」とうめくように繰り返していた。意識レベルは JCSⅠ- 2 。身長 148 cm、体重 44 kg。体温 35.8 ℃。脈拍 84/分、整。血圧 132/80 mmHg。頭部に皮下血腫を認めない。対光反射は正常。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。上肢に麻痺を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腹部に圧痛を認めない。左下肢を動かすと疼痛が増強する。両足背に軽度の圧痕を残す浮腫を認める。
下肢の色素沈着や紫斑を認めない。
痛みの原因を明らかにするために必要な検査はどれか。
a 胸部造影 CT
b 腹部超音波検査
c 下肢静脈超音波検査
d 胸部エックス線撮影
e 股関節エックス線撮影
























  

e 股関節エックス線撮影

88歳女性がベッド脇に倒れていて左下肢を動かすと痛い
診断:左大腿骨頚部骨折疑い

BBB 必修 Å