国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 G問題 67-69 難易度A

62 歳の男性。心窩部痛を主訴に来院した。
現病歴 : 3 か月前から時々心窩部不快感を自覚するようになった。最近、会社の同僚が同じような症状で胃癌の診断を受け手術を行ったため、自分も胃癌ではないかと心配になっていた。食欲低下も出現したため、市販の胃薬を内服したところ心窩部不快感と食欲不振とは改善した。その後仕事が忙しく、時々心窩部不快感はあったがそのままにしていた。1 週前に腰部を打撲し、自宅近くの診療所で治療を受け 2 日後には軽快した。3 日前から心窩部痛が持続するようになり、夜間就寝中にも痛みで覚醒するようになった。テレビで胃癌の原因が Helicobacter pylori の感染であることを聞いて心配になり、上部消化管内視鏡検査を希望し受診した。
既往歴 : 特記すべきことはない。
生活歴 : 喫煙歴はない。機会※※。
現 症 : 意識は清明。体温 36.7 ℃。脈拍 76/分、整。血圧 128/70 mmHg。呼吸数 16/分。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。心窩部に軽度の圧痛を認めるが、腫瘤は触知しない。直腸指診で異常を認めない。
検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 330 万、Hb11.8 g/dl、Ht 32 %、白血球 7,200、血小板 24 万。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。上部消化管内視鏡像(別冊 No. 9)を別に示す。
G67 2

67 追加すべき質問はどれか。
a 「生魚は食べていませんか」
b 「痛み止めは飲んでいませんか」
c 「最近海外に行きませんでしたか」
d 「最近井戸水を飲んでいませんか」
e 「血のつながった家族に大腸癌の方はいませんか」

68 Helicobacter pylori 感染診断を行った。その結果(別冊 No. 10)を別に示す。用いた診断法はどれか。
a 培養法
b 血中抗体測定
c 便中抗原測定
d 尿素呼気試験
e ウレアーゼ試験
G68 13


69 治療として適切なのはどれか。
a 輸 血
b 内視鏡的止血術
c 抗菌薬の単剤投与
d 内視鏡的粘膜下層剝離術
e プロトンポンプ阻害薬の投与
























  

67 - b  68 - e  69 - e

解説は近日公開
AAA 総論 η
画像参照