国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 G問題 61-63 難易度D

68 歳の女性。発熱と食欲不振とを主訴に来院した。
現病歴 : 3 週前から微熱と右季肋部の違和感を自覚していた。 2 日前から食欲もなくなってきた。15 年前に乳癌で右乳房切除術を受けており、再発が心配で精密検査を希望して受診した。
既往歴 : 53 歳時に乳癌で右乳房切除術。60 歳時に胆石症で開腹胆囊摘出術。
生活歴 : 喫煙歴はない。機会※※。
家族歴 : 姉が乳癌。
現 症 : 意識は清明。身長 150 cm、体重 49 kg。体温 37.6 ℃。脈拍 88/分、整。
血圧 130/84 mmHg。呼吸数 16/分。頸部リンパ節を触知しない。右前胸部と右上腹部とに手術痕を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
検査所見 : 血液所見:赤血球 423 万、Hb 11.9 g/dl、Ht 40 %、白血球 9,600、血小板 21 万。血液生化学所見:総蛋白 7.5 g/dl、アルブミン 3.9 g/dl、総ビリルビン0.9 mg/dl、AST 31 IU/l、ALT 36 IU/l、LD 230 IU/l(基準 176~353)、ALP 372 IU/l(基準 115~359)、γ-GTP 28 IU/l(基準 8 ~50)、アミラーゼ 95 IU/l(基準 37~160)、CK 42 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 12 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、血糖 98 mg/dl、総 コ レ ステ ロ ー ル 246 mg/dl、ト リ グ リ セリ ド 190 mg/dl、Na 131 mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 97 mEq/l、CEA 2.2 ng/ml(基準 5 以下)、CA15-3 15 U/ml(基準 30 以下)。CRP 10 mg/dl。
腹部超音波検査で肝に占拠性病変を認めたため胸腹部 CT を施行した。腹部単純 CT(別冊 No. 8A)と腹部造影 CT(別冊 No. 8B)とを別に示す。

61 この患者の右胸腹部の診察所見として最も考えられるのはどれか。
a 波 動
b 叩打痛
c 振盪音
d 腹部膨満
e 血管雑音

62 この患者に行うべき検査はどれか。
a 腹腔動脈造影
b エコー下穿刺
c 超音波内視鏡検査
d 腹部造影超音波検査
e 内視鏡的逆行性胆管膵管造影〈ERCP〉

63 この患者に今後発生しうる症候で緊急度の判定に最も有用なのはどれか。
a 浮 腫
b 黄 疸
c 意識障害
d 体重減少
e 全身倦怠感
G61-63.jpg


























  

61 - b   62 - b   63 - c

解説は近日公開
DDD 総論 η
画像参照