国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 I問題 67 難易度D

58 歳の男性。倦怠感と歩行時の息切れとを主訴に来院した。20 年前に糖尿病を指摘されたが治療は受けていない。 5 年前から蛋白尿、 2 年前から高血圧を認めていた。母親が糖尿病である。意識は清明。身長 170 cm、体重 68 kg。脈拍 96/分、整。血圧 168/96 mmHg。眼瞼結膜は貧血様である。Ⅱ/Ⅵの収縮期心雑音を認める。両側の下胸部に coarse crackles を聴取する。下腿に浮腫を認める。尿所見:蛋白 2 +、糖(-)、沈渣に赤血球 1 ~ 4 / 1 視野。血液所見:赤血球 270 万、Hb 8.0 g/dl、Ht 25 %、白血球 7,200、血小板 12 万。血液生化学所見:総蛋白 6.4 g/dl、アルブミン 3.2 g/dl、フェリチン 85 ng/ml(基準 20~120)、尿素窒素 58 mg/dl、クレアチニン 5.1 mg/dl、尿酸 9.5 mg/dl、空腹時血糖 140 mg/dl、HbA1c(NGSP) 7.2 %(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 190 mg/dl、Na 140 mEq/l、K 5.5 mEq/l、Cl 111 mEq/l、Ca 8.0 mg/dl、P 5.5 mg/dl、Fe 80μg/dl、総鉄結合能〈TIBC〉300 μg/dl(基準 290~390)。動脈血ガス分析(room air):pH 7.34、PaCO2 35 Torr、PaO2 92 Torr、HCO3-16.5 mEq/l。腹部超音波検査で両腎の大きさは正常である。
この患者に対する治療薬として適切でないのはどれか。
a ループ利尿薬
b カルシウム拮抗薬
c スルホニル尿素薬
d エリスロポエチン
e 炭酸水素ナトリウム
























  

c

解説は近日公開予定
DDD 各論 θ