国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 I問題 66 難易度D

68 歳の男性。白血球増多の精査を目的に来院した。3 年前から白血球数の増加を指摘されていたがそのままにしていた。発熱、盗汗および体重減少はない。両側の頸部、腋窩および両側鼠径部に無痛性で弾性硬の径 1cm 未満のリンパ節を数個ずつ触れる。口蓋扁桃の腫大を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
血液所見:赤血球 479 万、Hb 14.0 g/dl、Ht 42 %、白血球 25,730 (桿状核好中球 3 %、分葉核好中球 16 %、好酸球 1 %、単球 2 %、リンパ球 78 %)、血小板 23 万。血液生化学所見:総蛋白 6.1 g/dl、IgG 814 mg/dl(基準 960〜1,960)、IgA 142 mg/dl(基準110〜410)、IgM 125 mg/dl(基準 65〜350)、総ビリルビン 0.4 mg/dl、AST 14 IU/l、ALT 16 IU/l、LD 483 IU/l(基準 176〜353)、尿素窒素 16 mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl。CRP 0.2 mg/dl。
CT による全身検索では、径が 1 cm 以上のリンパ節腫大を認めず、肝と脾の腫大を認めない。
末血塗抹 May-Giemsa 染色標本(別冊 No. 27)を別に示す。骨髄穿刺検査では有核細胞数 43.5 万で、骨髄血塗抹 May-Giemsa 染色標本でも末 血で増加しているのと同様の細胞が 81 %を占めている。末血細胞の表面マーカー検査では、CD5、CD20、CD23 陽性の細胞が増加している。対応として最も適切なのはどれか。
a 経過観察
b 放射線治療
c 抗菌薬の予防投与
d 同種造血幹細胞移植
e 多剤併用抗癌化学療法
I-66 2
























  

a

解説は近日公開予定
DDD 各論 θ
画像参照