国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 F問題 17 難易度B

20 年前、機械工場から化学物質が大気中に流出した。直後から地域で気管支喘息様の症状を訴える者がみられたが、一時的な流出で数か月後には症状を訴える者はいなくなった。当時の調査では、個人の曝露量と急性の気管支喘息様症状の有病率とに相関が認められた。最近になって、この物質に曝露すると 3 年後から肝臓の悪性腫瘍による死亡率が増加することが報告された。このため、所管する地方自治体が周辺住民への健康影響を再評価することとなった。当時の個人の曝露量の情報は役所に保管されている。
新たに着手する調査について適切なのはどれか。
a 当時の情報は破棄する。
b 調査の着手について公表しない。
c 地域の肝臓の悪性腫瘍による死亡率を調べる。
d 現在の工場周辺の大気中の化学物質濃度を測定する。
e 死亡者の遺族からインフォームド・コンセントを取得する。
























  

c 地域の肝臓の悪性腫瘍による死亡率を調べる。

新たに調査に着手する場合は、まずは死亡率を調査する必要がある。

ちなみに既存資料のみを用いる観察研究の場合には、インフォームド・コンセントは必ずしも必要ない。
また資料として既に連結不可能匿名化されている情報のみを用いる研究の場合には下記疫学研究に関する倫理指針は適応されない。
参考資料 サイト外リンク 疫学研究に関する倫理指針 - 文部科学省
BBB 必修 Å