国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 I問題 64 難易度B

69 歳の女性。血便を主訴に来院した。3 か月前から便に血液が付着していることに気付いていた。便器の水が血で染まる色が徐々に濃くなったため受診した。既往歴に特記すべきことはない。下部消化管内視鏡検査による回盲部から約 20 cm 肛門側の写真(別冊 No. 25A)と肛門から約 30 cm 口側の写真(別冊 No. 25B)とを別に示す。写真Aの病変に対しては内視鏡的粘膜切除が行われ、病理所見は腺腫であった。
同時に行った写真Bの病変に対しては生検が行われ、病理所見は腺癌であった。胸腹部・骨盤部造影 CT で肺や肝臓などの主要臓器に転移を認めない。対応として適切なのはどれか。
a 内視鏡的粘膜下層剝離術
b 右半結腸切除術
c S 状結腸切除術
d 低位前方切除術
e 大腸全摘術
I-64.jpg
























  

c

解説は近日公開予定
BBB 各論 θ
画像参照