国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 G問題 53 難易度A

35 歳の初妊婦。妊娠 40 週 4 日。陣痛発来のため入院した。妊娠 39 週時の妊婦健康診査では胎児推定体重は 2,450gで、羊水ポケットは 3 cm と測定された。身長 161cm、体重 61 kg(非妊時 52 kg)。内診所見は、児頭は骨盤入口部にあり、展退度 50 %、子宮口は 3 cm 開大、頸管の硬度はやや軟、児頭下降度 SP -2 cm。その他に異常所見を認めない。陣痛はほぼ 10 分周期である。その後、陣痛は次第に増強し、入院後7時間経過した時点で破水し、羊水混濁を認めた。内診所見は子宮口は10 cm開大、児頭下降度 SP+1 cm となった。その時の胎児心拍数陣痛図(別冊 No. 7A)と、さら
に 30 分後の胎児心拍数陣痛図(別冊 No. 7B)とを別に示す。内診所見は児頭下降度SP+3 cm で、矢状縫合は骨盤前後径に一致し小泉門を恥骨後面に触れる。
対応として適切なのはどれか。
a 経過観察
b 吸引分娩
c 体位変換
d 帝王切開術
e 子宮収縮抑制薬投与
G53 3
























  

b

解説は近日公開
BBB 総論 η
画像参照