国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 60-62 難易度A

19 歳の男性。交通外傷のため搬入された。
現病歴 : 河川沿いの堤防道路でオートバイを運転中に対向車と接触し転倒、崖下に転落した。
既往歴 : 特記すべきことはない。
現 症 : 意識はほぼ清明だが会話は困難。脈拍 124/分。血圧 92/70 mmHg。呼吸数 28/分。SpO2 100 %(リザーバー付マスク 10 l/分 酸素投与下)。顔面に挫創があり、口腔から出血と凝血塊の喀出を認める。胸部は右前胸部に圧痛があり、右呼吸音が減弱している。右下肢は外旋位で、右下腿の変形と開放創を認める。腹部超音波検査で腹腔内に液体貯留を認める。マスクによる酸素投与を継続している。
60 次に行うべき処置はどれか。
a 気管挿管
b 口腔内の吸引
c 緊急気管切開
d 輪状甲状靱帯穿刺
e 経鼻エアウェイ挿入

61 治療方針の決定のため、初療室で行う単純エックス線撮影で最も優先順位が高い部位はどれか。
a 頭 部
b 顔 面
c 頸 椎
d 胸 部
e 右下肢

62 輸液開始 20 分後、バイタルサインは脈拍 112/分、血圧 110/60 mmHg となった。
頭部 CT では頭蓋内に異常はなく、腹腔内出血および右脛骨と腓骨の開放骨折に対して治療が必要と判断した。しかし、自施設の外科医と整形外科医に連絡したところ、整形外科医からは「30 分以内に対応可能」という返事が得られたが、外科医からは「現在、別の緊急手術を行っているため 3 時間は対応が難しい」との返事があった。
この時点での対応で適切でないのはどれか。
a 輸血を準備する。
b 動脈塞栓術が可能か検討する。
c 観血的整復固定術を先行させる。
d 動脈血圧のモニタリングを開始する。
e 近くの救命救急センターへの転送を検討する。
























  

60 - b 口腔内の吸引
61 - d 胸 部
62 - c 観血的整復固定術を先行させる。

交通事故による多発外傷。
酸素10LではあるがSpO2が保たれており、まずは口腔内の吸引をして可及的速やかにいつでも気管挿管できるように準備する。
右呼吸音が減弱しており呼吸も不安定であるため優先順位が高いのは胸部の評価。気胸、肋骨骨折、外傷性の心タンポナーデ、大動脈解離などを評価する。
この症例は結果的に開放骨折と腹腔内出血だった。緊急性が高いのは腹腔内出血。バイタルサインのモニタリングは継続しつつ輸血の準備をする。出血部位の確認と術式決定(動脈塞栓術が可能か)のために造影CTは必要。全身状態が急激に悪化するリスクも高いためまた自院で緊急の対応が出来ないのであれば転院搬送も検討必要。
AAA 総論 Д