国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 59 難易度D

32 歳の女性。健康診断で右水腎症を指摘され精査目的に来院した。10 年前から数か月に 1 回右背部に軽い鈍痛を自覚していたが、20 分程度安静にしていると軽快していた。右肋骨脊柱角に軽度の叩打痛を認める。
尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血1 +、沈渣に赤血球 1 ~ 4 / 1 視野、白血球 1 ~ 5 / 1 視野。
血液所見:赤血球 432万、Hb 13.6 g/dl、Ht 43 %、白血球 6,900、血小板 28 万。血液生化学所見:総蛋白7.6 g/dl、アルブミン 4.3 g/dl、尿素窒素 22 mg/dl、クレアチニン 0.9 mg/dl、尿酸5.8 mg/dl、Na 134 mEq/l、K 3.8 mEq/l、Cl 105 mEq/l。CRP 0.1 mg/dl。腹部エックス線写真で尿路結石像を認めなかった。腹部超音波像(別冊 No. 14)を別に示す。
診断のために有用なのはどれか。2 つ選べ。
a PET/CT
b 腹部単純 MRI
c 逆行性尿路造影
d 腎シンチグラフィ
e カラードプラ腹部超音波検査
E-59 25
























  

b 腹部単純 MRI
c 逆行性尿路造影

腎盂の拡張を認め、水腎症の診断。尿路結石や悪性腫瘍を疑う所見はないため腎盂尿管移行部狭窄症を疑う。

腎盂尿管移行部狭窄症の治療は腎盂形成術。開腹、腹腔鏡下、経皮(背側を小石灰して内視鏡的に)、経尿道の4
つの選択肢がある。
DDD 総論 Д
画像参照