国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 54 難易度B

36 歳の 1 回経妊 1 回経産婦。妊娠 13 週。第 1 子が 21 trisomy であったことから、妊娠中の第 2 子の検査を希望して来院した。現時点で母体、胎児ともに妊娠継続に問題はない。
まず行うべき対応はどれか。
羊水検査
b 絨毛検査
c 両親の染色体検査
d 遺伝カウンセリング
e 母体血清マーカー検査
























  

d 遺伝カウンセリング

出生前診断の前には必ず遺伝カウンセリングが必要。

×a 羊水検査
×b 絨毛検査 日産婦誌59巻7号 絨毛検査 参照
×c 両親の染色体検査 信州大学医学部付属病院遺伝子診療部:染色体検査
×e 母体血清マーカー検査 出生前診断情報センター 母体血清マーカーテストとは
BBB 総論 Д