国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 49 難易度B

66 歳の男性。労作時の呼吸困難を主訴に来院した。2 か月前から階段を昇るときに呼吸困難を自覚するようになった。身長 175 cm、体重 60 kg。脈拍 72/分、整。血圧 136/80 mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 94 %(room air)。呼吸音は両側でやや減弱し、打診で両側の胸部に鼓音を認める。胸部エックス線写真(別冊 No. 11A)と肺野条件の胸部単純 CT(別冊 No. 11B)とを別に示す。
別に示す flow-volume 曲線(別冊 No. 11C ①~⑤)のうち、この患者に予想されるのはどれか。
E-49.jpg
E-49②
a ①
b ②
c ③
d ④
e ⑤
























  

e

労作時呼吸困難、呼吸音減弱、鼓音、CTで気腫性の変化
喫煙歴についての記載はないが、重症のCOPDの診断。

COPDではflow-volume 曲線最大呼気流速が減少し、下降脚が下に凸の形になる。
参考ページ サイト外リンク:“COPDとは” 内藤医院様

BBB 総論 Д