国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 44 難易度D

1 歳 7 か月の男児。 1 歳 6 か月健康診査を目的として来院した。妊娠・分娩経過を含め、これまで健康診査などで異常を指摘されたことはない。有意語はパパ、ママ、マンマ、バーバの 4 つを言う。歩くことも可能であるが、最近 2 週間ほど歩かなくなった。身長 78.6 cm、体重 9.5 kg、頭囲 52.0 cm、大泉門 2.3×2.5 cm。眼球運動に異常なく、心音と呼吸音とに異常を認めない。泣くときに両側下肢を伸展し、内転、内旋する動きがみられる。
まず行うのはどれか。
a 脳波検査
b 頭部 MRI
c 髄液検査
成長曲線の作成
e 手エックス線撮影
























  

b 頭部 MRI

診断:脳腫瘍/水頭症疑い
#歩行困難 #頭囲拡大 #大泉門開大 #両側下肢の伸展、内転、内旋 から頭蓋内占拠性病変や水頭症が疑われる。
確定診断のためには頭部MRIが必要。

サイト外リンク :小児水頭症 mymed

DDD 総論 Д

国家試験的には『まず行うのはどれか』ときたら得られる情報が少なくても低侵襲・低コストを選びたくなりますよね。
『診断のために必要な検査は』なら迷わずbですが。

| 管理人 | 2015/01/08 09:48 | URL |

dをまず行医師はいねー

| 名無し | 2015/01/08 06:24 | URL |

なぜdは違う?クエバンにも「診断的価値を有する」って書いてあるけど。

| 学生 | 2015/01/08 03:12 | URL |