国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 C問題 30-31 難易度A

17 歳の男子。呼吸困難を主訴に来院した。
現病歴 : 6 か月前に左胸痛と労作時息切れを自覚したことがあったが数日間で自然に軽快していた。本日 1 時間目の体育の授業中に、突然左胸痛を自覚したが、以前と同様に軽快すると思いそのまま授業を受けていた。しかし、しばらくして息苦しさが強くなったため教師に付き添われて受診した。
既往歴 : 15 歳時に虫垂炎で手術。
家族歴 : 特記すべきことはない。
現 症 : 意識は清明。身長 173 cm、体重 60 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 122/分、整。血圧 96/58 mmHg。呼吸数 30/分。SpO2 96 %(マスク 6 l/分 酸素投与下)。心音に異常を認めないが、左胸部で呼吸音の減弱を認める。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
胸部エックス線写真(別冊 No. 5)を別に示す。
C-30.jpg

30 この患者に起こりうるのはどれか。
a 胸壁動揺
b 心拍出量増加
c 静脈還流障害
d 縦隔の患側移動
e 患側の胸腔内圧低下

31 直ちに行うべき処置はどれか。
a ジギタリス静注
b 胸腔ドレナージ
c カテコラミン静注
d 気管支拡張薬吸入
e 気管挿管陽圧換気
























  

30 - c 静脈還流障害      
31 - b 胸腔ドレナージ

X線は左肺の気胸を認め、縦隔が健側に偏位している。自然気胸緊張性気胸
緊張性気胸時は心拍数は低下して、胸腔内圧上昇する。治療法は胸腔ドレナージ。陽圧換気は禁忌。

気胸について サイト外リンク: MSD社 MERCK MANUALS 気胸
AAA 必修 Б
画像参照