国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師107回 D46

35 歳の女性。腰痛を主訴に来院した。自宅近くの医療機関で腰椎骨密度低値を
指摘され、紹介されて受診した。33 歳時の分娩後から腰痛が出現し、以後持続し
ている。28 歳時の分娩後にも、同様に腰痛が出現していた。身長 155 cm、体重 42
kg。夫と子供 2 人の 4 人暮らしで、本人が家事と育児とを行っている。喫煙歴は
なく、飲酒は機会飲酒である。体温、呼吸、脈拍および血圧に異常を認めない。眼
球の青色強膜と難聴とを認める。脊柱には軽度の後弯変形を認めるが、上肢と下肢
とに神経学的異常を認めない。
診断のために聴取すべき最も重要な情報はどれか。

a 骨折の既往
b 日光曝露
c 食習慣
d 運動歴
e 月経歴
























  

解答 a