国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師107回 A57

67 歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。5 年前から労作時の呼吸困難を自覚
していた。1 週前から感冒様症状が出現し、咳嗽、喀痰および呼吸困難が増悪した
ため受診した。喫煙は 40 本/日を 47 年間。現在も喫煙を続けている。意識は清明。
身長 165 cm、体重 56 kg。体温 37.8 ℃。脈拍 112/分、整。血圧 142/84 mmHg。
呼吸数 22/分。SpO2 86 %(room air)。頸静脈の怒張を認める。右季肋部で肝を
3 cm 触知する。聴診で両側の胸部に wheezes と coarse crackles とを聴取する。血
液所見:赤血球 388 万、Hb 11.9 g/dl、Ht 35 %、白血球 11,300(桿状核好中球 18
%、分葉核好中球 58 %、好酸球 2 %、好塩基球 1 %、単球 7 %、リンパ球 14 %)、
血小板 35 万。CRP 4.0 mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.37、
PaCO2 78 Torr、PaO2 56 Torr、HCO3- 44 mEq/l。胸部エックス線写真(別冊No.
27A)と肺野条件の胸部 CT(別冊No. 27B)とを別に示す。
治療として適切なのはどれか。2 つ選べ。

a 抗菌薬の投与
b 胸腔ドレナージ
c 免疫抑制薬の投与
d 高濃度酸素の投与
e 気管支拡張薬の投与

A57.jpg
























  

解答 a、e