国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師107回 A43

56 歳の女性。物忘れを主訴に長女に連れられて来院した。1 年前から寒がりに
なり、冬季は家にこもってほとんど外出しなくなった。別居中の長女が訪問した
際、部屋にはごみが散乱しており、受け答えが支離滅裂で長女の名前を想起するこ
とができなかったという。身長 151 cm、体重 62 kg。体温 35.8 ℃。脈拍 52/分、
整。血圧 108/68 mmHg。呼吸数 14/分。頭髪と眉毛とが疎である。胸腹部に異常
を認めない。両下腿に圧痕を残さない浮腫を軽度認める。嗄声で声量は小さく、改
訂長谷川式簡易知能評価スケールは 7 点(30 点満点)。脳神経系、感覚系および小
脳系に異常を認めない。筋力は正常だがアキレス腱反射で弛緩相の遅延を認める。
診断のために測定すべきなのはどれか。

a 抗核抗体
b アンモニア
c ビタミン B1
d セルロプラスミン
e TSH ‹甲状腺刺激ホルモン›
























  

解答 e