国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師107回 A28

65 歳の女性。全身倦怠感と微熱とを主訴に来院した。 1 週前から全身倦怠感を
自覚していた。 3 日前か ら 37 ℃台の微熱が続いているという。 5 年前から関節リ
ウマチで抗リウマチ薬と副腎皮質ステロイドとを服用中である。意識は清明。身長
156 cm、体重 46 kg。体温 37.4 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 120/70 mmHg。呼吸数
14/分。SpO2 97 %(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血
球 446 万、Hb 13.0 g/dl、Ht 39 %、白血球 7,300桿状核好中球 20 %、分葉核好中
球 46 %、好酸球 1 %、好塩基球 1 %、単球 10 %、リンパ球 22 %)、血小板 16 万。
CRP 2.6 mg/dl。胸部エックス線写真で右側下肺野に多発結節影を認める。肺野条
件の胸部単純 CT(別冊No. 7A)と気管支肺胞洗浄‹BAL›液の墨汁染色標本(別冊
No. 7B)とを別に示す。
この疾患について正しいのはどれか。

a 内因性感染である。
b 血清抗原検査の感度は高い。
c 血清 β-D-グルカン値は上昇する。
d 発症予防に ST 合剤の内服が有効である。
e 原因微生物は Aspergillus fumigatus である。
A28.jpg
























  

解答 b