国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 57 難易度D

68 歳の男性。健康診断で肺野の異常陰影を指摘され精査のため来院した。
身長 175cm、体重 71 kg。体温 36.7 ℃。脈拍 64/分、整。血圧 134/68 mmHg。呼吸数 12/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。
血液所見:赤血球 410 万、Hb 13.1 g/dl、Ht 37 %、白血球 5,700、血小板 21 万。血液生化学所見:総蛋白 7.1 g/dl、アルブミン 3.7 g/dl、AST 37 IU/l、ALT 31 IU/l、LD 126 IU/l(基準 176~353)、尿素窒素 19 mg/dl、クレアチニン 1.0 mg/dl、Na 136 mEq/l、K 4.5 mEq/l、Cl 109 mEq/l、Ca 9.2 mg/dl。CRP0.2 mg/dl。
呼吸機能検査所見:%VC 83 %、FEV1% 74 %。肺野条件の胸部 CT(別冊 No. 28A)と腹部造影 CT 再構成三次元画像(別冊 No. 28B)とを別に示す。治療法として適切なのはどれか。 2 つ選べ。
a 放射線治療
b 右腎摘出術
c 分子標的薬の経口投与
d 選択的右腎動脈塞栓術
e シスプラチンの点滴静注
D57.jpg
























  

b 右腎摘出術
c 分子標的薬の経口投与

診断:腎癌+肺転移

転移のある腎癌の治療について下記ガイドラインで推奨されている治療としては
・腎摘除術は,performance status(PS)が良好
・術後インターフェロンは推奨
・分子標的薬に関しては2011年のガイドライン作成時点では最終結論は得られていない

サイト外リンク 「有転移腎癌患者において腎摘除術について」 腎癌診療ガイドライン 2011年版 日本泌尿器科学会編集 Minds(マインズ)ガイドラインセンター
DDD 各論 ξ
画像参照