国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 56 難易度A

74 歳の男性。胸やけを主訴に来院した。 1 年前から食後に胸やけが出現し、徐々に増悪して夜間に目覚めるようになったため受診した。既往歴に特記すべきことはない。喫煙歴はない。機会※※。
意識は清明。身長 165 cm、体重 78 kg。脈拍 76/分、整。血圧 124/80 mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。
血液所見:赤血球 467 万、Hb 14.1 g/dl、Ht 42 %、白血球 6,600、血小板 29 万。血液生化学所見に異常を認めない。
上部消化管内視鏡像(別冊 No. 27)を別に示す。薬物治療を開始する予定だが、それ以外に患者から生活上の注意について質問された。生活指導として適切なのはどれか。 2 つ選べ。
a 「体重を減らしましょう」
b 「就寝前に軽食を食べましょう」
c 「食後には横になって休みましょう」
d 「上半身を少し高くして眠るようにしましょう」
e 「症状が出たら前かがみの姿勢をとってみましょう」
D56 2
























  

a 「体重を減らしましょう」
d 「上半身を少し高くして眠るようにしましょう」

逆流性食道炎(ロサンゼルス分類 GradeB)

ロサンゼルス分類 (逆流性食道炎の粘膜障害がどれだけ進行しているか分類)
Grade N 内視鏡的に変化を認めないもの
Grade M 色調が変化しているもの
Grade A 長径が5mmを越えない粘膜障害で粘膜ひだに限局されるもの
Grade B 少なくとも1ヵ所の粘膜障害が5mm以上あり、それぞれ別の粘膜ひだ上に存在する粘膜障害が互いに連続していないもの。
Grade C 少なくとも1ヵ所の粘膜障害が2条以上のひだに連続して広がっているが、全周性でないもの。
Grade D 全周性の粘膜障害

AAA 各論 ξ
画像参照