国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師107回 B49-51

次の文を読み、49〜51 の問いに答えよ。

77 歳の男性。歩行困難のため搬入された。
現病歴 : 最近手のしびれを自覚したため 1 か月前からかかりつけ医でビタミン
B12 を投与されていた。今朝、散歩中に公園のトイレで一時的に意識がもうろうと
なり転倒した。すぐに意識は回復したが、右殿部の強い痛みで歩けなくなったため
に救急車を要請した。日常生活は自立していた。
既往歴 : 3 年前に軽い脳梗塞を発症し、アスピリンを内服している。残存する上
下肢の麻痺はない。逆流性食道炎、前立腺肥大症および脂質異常症で、プロトンポ
ンプ阻害薬、α1 遮断薬および HMG-CoA 還元酵素阻害薬を内服している。
生活歴 : 無職。要支援 1 と認定されている。74 歳の妻と 2 人暮らし。
家族歴 : 父親が肺結核。
現 症 : 意識は清明。体温 36.4 ℃。脈拍 88/分、整。血圧 122/64 mmHg。呼吸
数 20/分。SpO296 %(鼻カニューラ 2 l/分酸素投与下) 。眼瞼結膜に異常を認めな
い。心音と呼吸音とに異常を認めない。心電図に異常を認めない。頭部単純 CT で
は頭蓋内出血を認めない。


49 この患者の転倒に最も影響したと考えられる薬剤はどれか。

a α1 遮断薬
b アスピリン
c ビタミン B12
d プロトンポンプ阻害薬
e HMG-CoA 還元酵素阻害薬


50 その後、右大腿骨頸部骨折と診断し、入院 3 日目に全身麻酔下で人工骨頭置換術
を行った。手術当日は回復室で観察し、翌日、一般病床に移動した。術後は尿道カ
テーテル留置と左前腕からの持続輸液を行った。術後 2 日目の夜に患者が不眠を訴
えたため睡眠導入薬を投与した。日中は妻が毎日 3 時間程度来訪していた。術後
3 日目の深夜、患者の病室から大きな物音がしたために看護師が訪室すると、患者が
ベッド上に起き上がっており、静脈留置針が前腕から抜けてシーツが血液で汚染さ
れていた。本人に事情を聴いたところ、「銀行にお金を振り込みにいく」と看護師の
制止も聞かずに出かけようとした。
術後 3 日目の深夜の患者の状態はどれか。

a せん妄
b 躁状態
c 解離状態
d 抑うつ状態
e パニック発作


51 術後 3 日目の深夜の患者の状態の誘発因子でないのはどれか。

a 手 術
b 持続輸液
c 妻の来訪
d 睡眠導入薬
e 病室の移動
























  

解答 49 a
   50 a
   51 c