国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 46 難易度A

57 歳の女性。3 回経妊 3 回経産婦。52 歳で閉経。尿失禁を主訴に来院した。 2 年前から咳嗽時に下着が濡れることに気付いていた。半年前から笑ったり重い荷物を持ち上げたりするときにも漏れるようになったため受診した。頻尿、排尿痛および尿意切迫感を認めない。少量用尿とりパッドを 1 日 1 枚交換している。尿所見に異常を認めない。腹部超音波検査で残尿を認めない。 1 時間パッドテストでの尿失禁量は 5 g である。
まず行う対応として適切なのはどれか。
a 水分摂取制限
b α1遮断薬の内服
c 尿道スリング手術
d 経腟式膀胱頸部挙上術
e 骨盤底筋訓練〈骨盤底筋体操〉
























  

e 骨盤底筋訓練〈骨盤底筋体操〉

まず行う治療としては骨盤底筋体操で尿道のまわりにある外尿道括約筋や骨盤底筋群を強くする。
保存的治療で効果不十分な場合には、ポリプロピレンメッシュのテープを尿道の下に通してサポートする「TVT手術」または「TOT手術」が選択される。
TVT、TOT手術については下記サイトが図式で分かりやすく説明してあります。
下線文
参考ページ:サイト外リンク :尿失禁の手術 TVT、TOT手術 『骨盤臓器脱(子宮脱)手術NET』
AAA 各論 ξ