国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 44 難易度B

63 歳の女性。筋層浸潤性膀胱癌の精査加療目的で入院中である。入院前に施行した血液検査では異常を認めなかった。膀胱内視鏡検査では、膀胱三角部から膀胱頸部に広がる広基性非乳頭状腫瘍を認め、両側の尿管口は同定できなかった。胸腹部造影 CT では明らかな転移は認めなかった。入院後、全身倦怠感を訴えている。 1日尿量は急に低下してきている。緊急に行った血液生化学検査では尿素窒素 63mg/dl、クレアチニン 5.6 mg/dl、K 4.8 mEq/l であった。腹部超音波像(別冊 No. 21A、B)を別に示す。残尿量は 40 ml であった。
対応として適切なのはどれか。
a 血液透析
b 腎瘻造設術
c 膀胱全摘術
d 尿管ステント留置
e 経尿道的膀胱腫瘍切除術
D44.jpg
























  

b
診断:筋層浸潤性膀胱癌 尿管閉塞 水腎症 腎後性腎不全

最終的にはc膀胱全摘が必要になる可能性が高いが、現時点での対応としては尿路変更による水腎症と腎後性腎不全への対応が必要。

ちなみに根治的膀胱摘除術については 日本癌治療学会 がん診療ガイドライン参照 
~長文であるため、以下一部抜粋 (詳細はリンク参照)~
筋層浸潤性膀胱癌に対する根治的膀胱摘除術の治療成績では,pT2であれば70-80%以上の5年生存率が報告されているが,pT3以上の局所進行癌では生存率が明らかに低下する。筋層浸潤性膀胱癌の治療成績の向上の主役は周術期の化学療法であることに異論はない。
BBB 各論 ξ
画像参照