国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 42 難易度C

42 歳の女性。 2 日間の咽頭痛と 40 ℃の発熱を主訴に来院した。 2 か月前に甲状腺機能亢進症と診断され、チアマゾール 30 mg/日を 1 か月前から内服している。身長 155 cm、体重 45 kg。体温 40.2℃。脈拍 92/分、整。血圧 106/68 mmHg。呼吸数40/分。SpO2 98 %(room air)。両側の頸部に圧痛を伴う径 1 ~ 2 cm のリンパ節を数個触知する。咽頭の著しい発赤と腫脹を認める。血液所見:赤血球 468 万、Hb 13.9g/dl、Ht 42 %、網赤血球 6 %、白血球 1,300(桿状核好中球 0 %、分葉核好中球 0 %、単球 1 %、リンパ球 99 %)、血小板 21 万。血液生化学所見:TSH 0.03μU/ml 未満(基準 0.2~4.0)、FT3 4.0 pg/ml(基準 2.5~4.5)、FT4 1.1 ng/dl(基準 0.8~2.2)。CRP 26mg/dl。胸部エックス線写真に異常を認めない。抗菌薬の投与とともに行うべきなのはどれか。
a 顆粒球輸血を行う。
b 赤血球輸血を行う。
c 昇圧薬を投与する。
d チアマゾールを中止する。
e 副腎皮質ステロイドを投与する。
























  

d

無顆粒球症(白血球1300 好中球0%)
甲状腺異能亢進症にたいして抗甲状腺薬であるチアマゾールを1か月前から内服中。
咽頭痛、咽頭の発赤、発熱、CRP上昇、を認める。
チアマゾール内服時に最も注意しなければならないのが無顆粒球症。ちなみに多い副作用は皮膚症状(発疹、蕁麻疹、掻痒感など)
薬の副作用が疑われる場合は、まずは被疑薬(suspected drug)の中止。

ちなみに今回のように典型的な所見の時にはすぐに来てもらって採血するために、チアマゾールを新規処方する際には「発熱や咽頭痛が出現した場合にはすぐに受診して下さい」と言うことが多い。
CCC 各論 ξ