国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 41 難易度A

33 歳の女性。会社の健康診断で肝機能異常を指摘され来院した。3 年前から肝機能異常を指摘されていたが、これまでに比較し悪化したため受診した。身長 162cm、体重 72 kg。腹部は軽度膨隆、軟で、肝・脾を触知しない。※※は※※※300 ml/日を 10 年間。
血液所見:赤血球 458 万、Hb 14.3 g/dl、Ht 44 %、白血球 6,300、血小板 26 万、PT 98 %(基準 80~120)。血液生化学所見:アルブミン 4.4 g/dl、総ビリルビン 0.8 mg/dl、AST 102 IU/l、ALT 146 IU/l、ALP 326 IU/l(基 準 115~359)、γ-GTP 92 IU/l(基準 8~50)、クレアチニン 0.9 mg/dl、血糖 98 mg/dl、HbA1c(NGSP)5.9 %(基準 4.6~6.2)。免疫血清学所見:HBs 抗原陰性、HBc 抗体陰性、HCV 抗体陰性。
次に行うべき検査はどれか。
a PET/CT
b 腹部単純 CT
c 腹部造影 MRI
d 腹部超音波検査
e 磁気共鳴胆管膵管撮影〈MRCP〉
























  

d
肝逸脱酵素の上昇の精査。ALT有意。
『次に』行う検査なので、腹部超音波検査。
AAA 各論 ξ

TRACKBACK URL

http://kokushi-channel.jp/tb.php/251-222079d3

TRACKBACK