国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 40 難易度A

42 歳の男性。高血圧治療の定期受診のため来院した。2 年前から本態性高血圧と診断され、朝 1 回、降圧薬を服用している。これまでの外来における診察室血圧は130/80 mmHg 前後であった。家庭血圧の自己測定を始めたところ、早朝起床時に162/96 mmHg 前後であるという。喫煙歴はない。身長 165 cm、体重 82 kg。受診時、脈拍 88/分、整。診察室血圧 128/78 mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。
今後の対応として適切でないのはどれか。
a 降圧薬の内服状況を再確認する。
b 降圧薬の追加や投与時間の変更を検討する。
c 定期的に高血圧に伴う臓器障害を評価する。
d 24 時間自由行動下血圧〈ABPM〉を測定する。
e 血圧測定を降圧薬の内服後に変更するよう指導する。
























  

e
当然内服前の血圧が重要。
高血圧治療ガイドライン2014では1機会「原則2回」とし,その平均をその機会の血圧値として用いるとしている。
その他詳細については下記ガイドライン参照。

参考ガイドライン:高血圧治療ガイドライン2014 

また下記ラジオNIKKEIで、ガイドライン作成委員長である島本 和明先生が分かりやすく解説してあります。本問題の若中年高血圧患者に対しての治療方針についてもスライドを用いて説明あります。登録不要で10分程なので、時間がある時は是非。
サイト外リンク(動画:スライドあり) ラジオNIKKEI  高血圧治療ガイドライン2014 札幌医科大学学長 島本 和明

AAA 各論 ξ