国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 39 難易度A

46 歳の男性。腰痛と食欲不振とを主訴に来院した。2 年前に肺扁平上皮癌のため手術を受けた。 8 か月前に両側の肺と肝臓とにそれぞれ多発転移を認めた。 3 か月にわたり抗癌化学療法を受け、腫瘍はいずれも著明に縮小した。2 か月前に腰痛を自覚し、CT にて第 2 腰椎への転移を認めた。非ステロイド性抗炎症薬の投与と腰椎への放射線治療を行ったところ良好な疼痛コントロールが得られた。しかし 2 週前から腰痛が強くなり、同時に全身倦怠感と食欲低下もあり、日中の半分以上を臥床して過ごすようになった。特に最近数日間は腰痛がひどく、内服薬と水分しか摂れなくなった。意識は清明。身長 168 cm、体重 49 kg。体温 36.9 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 110/72 mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 96 %(room air)。るいそうを認める。
胸部に異常を認めない。腹部では右季肋部から心窩部にかけて固い腫瘤を触知する。下腿に浮腫を認める。全身精査を行ったところ、肺、肝臓、骨それぞれの転移巣はいずれも以前と比べて増大していた。
血液所見:赤血球 240 万、Hb 7.9g/dl、Ht 23%、白血球 8,800、血小板 25 万。血液生化学所見:総蛋白 6.4 g/dl、アルブミン 2.4g/dl、総ビリルビン 0.9 mg/dl、AST 38 IU/l、ALT 40 IU/l、LD 826 IU/l(基準 176〜353)、尿素窒素 15 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、Na 130 mEq/l、K 4.5 mEq/l、Cl110 mEq/l。CRP 3.3 mg/dl。
対応として適切なのはどれか。
a 維持輸液
b 肝動脈塞栓術
c モルヒネ投与
d 抗癌化学療法
e 赤血球濃厚液輸血
























  

c

肺癌。術後、化学療法後の多発転移。肺、肝臓、骨それぞれの転移巣はいずれも以前と比べて増大。
腰椎転移の疼痛コントロールを問う問題。
WHO 方式がん疼痛治療法の 5 原則やWHO方式3段階除痛ラダーについては下記ページ参照

参考ページ①(サイト外) リンク:日本緩和医療学会 がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2010年
参考ページ②(サイト外) 医療用麻薬によるがん疼痛緩和の基本方針 高齢労働省
AAA 各論 ξ