国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師107回 F26-27

次の文を読み、26、27 の問いに答えよ。

65 歳の男性。息切れを主訴に来院した。
現病歴 : 1年前に大腸癌の手術を受けたが、非治癒切除であった。その後抗癌化
学療法を内服で行っていたが、食欲低下が著明であったため、本人の希望により中
止した。5日前から急いで歩くと息が切れるのを自覚していたが、本日昼ころから
じっとしていても苦しくなり、徐々に増悪するため受診した。
既往歴 : 特記すべきことはない。
生活歴 : 喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
家族歴 : 父親が脳卒中のため 80 歳で死亡。
現 症 : 意識は清明。身長 167 cm、体重 56 kg。体温 35.8 ℃。脈拍 120/分、
整。血圧 82/60 mmHg。呼吸数 32/分。頸部の静脈怒張と心濁音界の拡大とを認め
る。両側下胸部で coarse crackles を聴取する。
検査所見 : 血液所見:赤血球 348 万、Hb 9.7 g/dl、Ht 31 %、白血球 8,600、血
小板 32 万。血液生化学所見:アルブミン 2.8 g/dl、尿素窒素 31 mg/dl、クレアチ
ニ ン 1.1 mg/dl、総 ビリルビ ン 0.6 mg/dl、AST 249 IU/l、ALT 246 IU/l、LD
623 IU/l (基 準 176〜353)、ALP 423 IU/l (基 準 115〜359)、Na 142 mEq/l、K 4.7
mEq/l、Cl 105 mEq/l。CRP 6.5 mg/dl。動脈血ガス分析(マスク 10 l/分酸素投与
下):pH 7.47、PaCO2 33 Torr、PaO2 120 Torr、HCO323 mEq/l。12 誘導心電図
で洞性頻脈と低電位とを認める。胸部エックス線写真で心陰影の拡大と両側下肺野
に浸潤影とを認める。胸部単純 CT(別冊No. 4)を別に示す。
F26-27.jpg
26 患者と家族への説明として適切なのはどれか。

a 「息苦しさと大腸癌とは無関係です」
b 「もう最期まで自宅には帰れません」
c 「どんな治療をしても1か月の命です」
d 「息苦しさを和らげる方法を一緒に考えましょう」
e 「抗癌化学療法を続けていれば防げたと思います」


27 症状緩和のためにまず提案すべき治療はどれか。

a 心囊穿刺
b 人工呼吸器の装着
c 気管支拡張薬の投与
d 抗癌化学療法の再開
e アルブミン製剤の投与
























  

解答 26 d
   27 a