国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 37 難易度A

22 歳の女性。皮疹と発熱とを主訴に来院した。 3 日前から、感冒様症状に対して市販の総合感冒薬を内服している。総合感冒薬には非ステロイド性抗炎症薬が含まれることは判明しているが、詳細は不明である。昨日から発熱と皮疹とが出現した。
意識は清明。身長 152 cm、体重 48 kg。体温 39.2 ℃。脈拍 84/分、整。血圧 104/66mmHg。呼吸数 28/分。顔面、四肢および体幹の広範囲の皮膚に紅斑、水疱およびびらんがみられる。水疱とびらんの範囲は体表面積の 50 %以上である。眼瞼結膜は発赤、眼球結膜は充血している。口腔粘膜にもびらんがみられる。
尿所見:蛋白(±)、糖(-)。
血液所見:赤血球 360 万、Hb 11.4 g/dl、Ht 38 %、白血球 9,800、血小板42 万。血液生化学所見:総蛋白 5.8 g/dl、アルブミン 2.8 g/dl、AST 64 IU/l、ALT 78IU/l、LD 440 IU/l(基 準 176~353)、ALP 250 IU/l(基 準 115~359)、γ-GTP 43 IU/l(基準 8 ~50)、尿素窒素 28 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl。CRP 3.8 mg/dl。
両手背と腹部の写真(別冊 No. 19)を別に示す。まず投与する治療薬として適切なのはどれか。
a 免疫抑制薬
b 抗 TNF-α抗体製剤
c 副腎皮質ステロイド
d プロスタグランディン
e 非ステロイド性抗炎症薬〈NSAIDs〉
D37.jpg
























  

c
総合感冒薬内服後に水疱、びらん。全身性であり中毒性表皮壊死症(TEN:Toxic Epidermal Necrolysis)

世界的な診断基準としては、水疱とびらんの面積が10%以下のものをSJS、30%以上をTENとし、その中間の10~30%の場合をSJS/TENのオーバーラップとする。
早期なら大量のステロイドあるいはステロイドのパルス療法。
全身の皮膚が剥離した状態や感染症が疑われる場合のステロイド投与については賛否両論。
免疫グロブリン製剤については決定的なエビデンスがない。
血漿交換が行われることもある。
参考ページ(サイト外です) :リンク 日本皮膚科学会 薬疹
AAA 各論 ξ
画像参照