国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 36 難易度C

78 歳の女性。白内障手術目的で入院中である。1 年前から記銘力低下がみられるようになり、Alzheimer 型認知症と診断されて薬物療法が開始され、介護サービスを受けながら独居生活を続けていた。数年来の視力低下のために日常生活での支障が大きくなり、白内障手術目的で入院となった。入院翌日、ベッドから起き上がらず、朝食も摂らず、まとまりのないことを小声でつぶやくのみで質問に対してほとんど反応がなかった。身体所見に異常はなく、血液生化学所見でも術前検査と比較して有意な変化はなかった。また、頭部 CT でも半年前と比較して新たな病変はみられなかった。
最も考えられるのはどれか。
a せん妄
b 適応障害
c 解離性障害
d うつ病性昏迷
e 急性ストレス障害
























  

a
高齢者、Alzheimer 型認知症、術後、はせん妄の危険因子。
意識混濁に加えて幻覚や錯覚が見られる

せん妄(Delirium)のDSM-5の診断基準
A.注意(指向・集中・維持・転導)と意識の障害。

B.障害は数時間から数日間のうちの短期間で発症して、通常の注意や意識からの変化があり、1日を通して重症度が変動する傾向がある。

C.認知における追加的な障害がある(記憶欠損・失見当識・言語障害・知覚障害・視空間能力の障害)。

D.基準AとCにおける障害はもう一つの先行・確定・進行中の神経認知障害によってはより良く説明されない。また、昏睡のような覚醒度の重度な低下といった経過で発症したものではない。

E.病歴・身体診察・臨床検査所見から、その障害が一般身体疾患、物質中毒または離脱、もしくは毒性物質への曝露といった直接的な生理学的結果もしくは多重の病因により引き起こされたという証拠がある。
CCC 各論 ξ