国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 31 難易度D

11 歳の男児。左足の靴下が履けない、走りにくい、床から起き上がりにくいことを主訴に来院した。 5 か月前に野球でスライディングをし、その後から左大腿部から膝部にかけての痛みが出現した。その後も野球を続けていたが、練習後の夜間に疼痛があり、朝には改善することを繰り返していた。安静時痛はなかった。2 か月前には友人から跛行を指摘されたが、疼痛が改善傾向であったため様子を見ていた。1週前に、患児が立ったままでは左足の靴下を履けないことに父親が気付いた。身長155 cm、体重 62 kg。股関節前面部に圧痛と運動時痛とを認める。左股関節可動域は屈曲 30°、伸展-10°、内旋 0°、外旋 40°。血液生化学所見に異常を認めない。来院時の両側股関節のエックス線写真(別冊 No. 14A、B、C)を別に示す。最も考えられるのはどれか。
a Perthes 病
b 大腿骨骨頭骨折
c 坐骨結節骨端症
d 大腿骨頭すべり症
e 発育性股関節形成不全
D-31
























  

d

大腿骨頭すべり症 slipped capital femoral epiphysis(SCFE)
小中学校の肥満男子に多い。
大腿骨近位骨端軟骨の肥大軟骨層に亀裂。骨端部が骨頭頚部の後内下方に滑っていく。
大腿骨近位の骨端線離開、下肢の外旋。
Drehmann 徴候:患者を仰向けに寝かせ、患部側の脚の膝を曲げ、その膝を股関節に近づけるように真っ直ぐ曲げていくと膝先が身体の外側に自然とずれてしまう。
DDD 各論 ξ
画像参照