国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 C問題 24 難易度A

55 歳の男性。視力障害を主訴に来院した。3 か月前から左眼の視力低下を自覚していたが、昨日突然見えなくなった。最近 5 年は健康診断を受けていない。受診時の矯正視力は右 1.0、左手動弁。左眼は硝子体出血のため眼底が観察できなかった。右眼の眼底写真(別冊 No. 3A)と蛍光眼底造影写真(別冊 No. 3B)を別に示す。左眼には硝子体手術による治療を予定した。
右眼への対応で適切なのはどれか。
C-24.jpg
a 経過観察
b 硝子体手術
c 網膜光凝固
d 光線力学的療法
e 副腎皮質ステロイド内服
























  

c 網膜光凝固

診断:増殖前糖尿病性網膜症
所見A(眼底写真):網膜出血 硬性白斑 
所見B(蛍光眼底造影写真):毛細血管 網膜内細小血管異常(IRMA)
※網膜内細小血管異常(IRMA)とは・・・毛細血管などの細い血管が拡張し、蛇行したり途中で詰まったりする減少

改変Davis分類、新福田分類含めて糖尿病網膜症について詳しく説明してあります。
サイト外リンク: 糖尿病網膜症の所見と重症度分類 船津英陽 (東京女子医科大学 八千代医療センター 眼科 教授)
AAA 必修 Б
画像参照