国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 28 難易度A

33 歳の女性。2 か月前の健康診断で高血圧を指摘され来院した。 1 年前の健康診断時は正常血圧であった。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。脈拍 76/分、整。血圧 180/110 mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 455 万、Hb 12.8 g/dl、Ht 38 %、白血球 5,800。血液生化学所見:総蛋白 6.7 g/dl、アルブミン 4.3 g/dl、尿素窒素 14 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、総コレステロール 208 mg/dl、Na 143 mEq/l、K 3.6 mEq/l、Cl 102 mEq/l、ACTH 14.4 pg/ml(基準 60以下)、コルチゾール 8.3μg/dl(基準 5.2~12.6)、アルドステロン 15 ng/dl(基準 5 ~10)、血漿レニン活性 51 ng/ml/時間(基準 1.2~2.5)。CRP 0.2 mg/dl。腹部大動脈造影像(別冊 No. 11A)と左腎動脈造影像(別冊 No. 11B)とを別に示す。この病態について正しいのはどれか。
a 粥状硬化が原因となる。
b 好酸球増多症がみられる。
c 経皮的血管形成術の適応となる。
d 尿中カリウム排泄が低下している。
e アンジオテンシン変換酵素〈ACE〉阻害薬投与でレニンは低下する。
D-28.jpg
























  

c
若年女性の二次性高血圧症 腎血管性高血圧症
若~中年女性の片側中央部~遠位の狭窄であり繊維筋性異形成(FMD:Fibromuscular dysplasia )と推測される。
狭窄血管は、腎動脈の他にも,頸動脈および頭蓋内動脈,腹腔内動脈,外腸骨動脈などが報告されており、全身血管の精査が必要である。
治療法としては経皮的腎動脈形成術(percutaneous transluminal renal angioplasty)が選択される。
喫煙が危険因子と言われており、禁煙は必須。
AAA 各論 ξ
画像参照