国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

看護師104回 B106-108

次の文を読み 106〜108 の問いに答えよ。

A さん(30 歳、経産婦)は、妊娠 40 週 1 日で、妊娠経過は順調であった。本日、午
後 5 時に体重 3,900 g の女児を正常分娩した。会陰縫合術を受け、分娩時出血量は
400 mL であった。分娩後 2 時間のバイタルサインは、体温 37.1 ℃、脈拍 64/分、血
圧 124/70 mmHg であった。排尿後の子宮底の位置は臍下 1 横指、収縮良好で帰室し
た。A さんは午後 8 時に夕食を全量摂取し、寝るまでに水を 500 mL 飲んだ。


106 翌朝、A さんは体温 36.8 ℃、血圧 116/66 mmHg であった。就寝後から朝まで
排尿はなく、子宮底の位置は臍高であった。
A さんの状態で経過観察してよいのはどれか。

1.尿意なし
2.脈拍 110/分
3.軟らかく触れる子宮底
4.会陰切開縫合部の痛み


107 産褥 2 日の午前 10 時。A さんは「 9 時に排尿したとき、 3 cm 大の血の塊がでま
した。大丈夫でしょうか」と訴えた。このとき、体温 37.3 ℃、脈拍 60/分、血圧
120/64 mmHg であった。子宮底の位置は臍高で軟らかく、後陣痛は増強している。
乳管口の開口数は左右 3 本ずつで初乳がみられ、乳房の発赤、硬結および熱感はな
い。
A さんの状態で最も疑われるのはどれか。

1.産褥熱(puerperal fever)
2.乳腺炎(mastitis)
3.子宮復古不全(subinvolution of the uterus)
4.妊娠高血圧症候群(pregnancy–induced hypertension)


108 産褥 5 日。A さんは、体温 37.0 ℃、脈拍 66/分、血圧 118/60 mmHg であった。
子宮底の位置は恥骨結合上 3 横指で、収縮は良好であった。児の体重は 3,950 g。
直接授乳を行っており、授乳後に児はよく眠っていた。A さんは「本日退院ですが、
家で気をつけることは何でしょうか。教えてください」と話す。
A さんに対する退院後の指導で最も適切なのはどれか。

1.「浴槽に入って清潔にしてください」
2.「蛋白質の少ない食事にしてください」
3.「悪露が増えたときは受診してください」
4.「授乳ごとに赤ちゃんへ追加のミルクを飲ませてください」
























  

解答 106 4
   107 3
   108 3