国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 23 難易度A

65 歳の男性。胸部異常陰影を指摘され来院した。既往歴に特記すべきことはない。※※は 30 本/日を 30 年間。意識は清明。身長 170 cm、体重 62 kg。体温 36.8 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 130/84 mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98 %(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。
血液所見:赤血球 517 万、Hb 17.0 g/dl、Ht 50 %、白血球 6,200、血小板 22 万。血液生化学所見:総蛋白 7.0 g/dl、アルブミン 4.6 g/dl、総ビリルビン 1.1 mg/dl、AST 18 IU/l、ALT 6 IU/l、LD 410 IU/l(基準 176~353)、クレアチニン 1.0 mg/dl、Na 145 mEq/l、K 4.2 mEq/l、Cl 108 mEq/l。CRP 0.1 mg/dl。
呼吸機能検査所見:%VC 93 %、FEV1% 73 %。心電図に異常を認めない。
初診時の胸部エックス線写真(別冊 No. 7)を別に示す。気管支内視鏡検査を行い左 B3 から肺生検で腺癌の診断を得た。この患者の手術適応を決定する上で有用でないのはどれか。
D23
a PET/CT
b 頭部造影 MRI
c 腫瘍マーカー
d 胸腹部造影 CT
e 腹部超音波検査
























  

c

肺腺癌。術前。
心機能、呼吸機能は特に問題なし。
肺癌の病期分類を行う必要がある。TNM分類。
腫瘍マーカーは治療方針に関係ない。

参考資料 サイト内リンク:癌のTNM分類
AAA 各論 ξ
画像参照