国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

看護師104回 A103-105

次の文を読み 103〜105 の問いに答えよ。

A ちゃん( 3 歳、男児)は、斜視(strabismus)の手術のために母親とともに歩いて入院し
た。入院期間は 3 日の予定である。 3 週前に外来で医師と看護師が A ちゃんに手術と入院
とについて説明した。入院時、A ちゃんはやや緊張した表情をしているが「眼の手術をしに
来たの。病院に 2 つ泊まるんだよ」と看護師に話した。


103 A ちゃんの眼の状態を図に示す。

    A103.jpg

A ちゃんの斜視(strabismus)はどれか。

1.右内斜視(right convergent strabismus)
2.右外斜視(right divergent strabismus)
3.左内斜視(left convergent strabismus)
4.左外斜視(left divergent strabismu)


104 手術当日の朝、A ちゃんは麻酔の前投薬としてミダゾラムとアトロピンを経口
で服用した。両親が早朝から面会に来て A ちゃんのそばに付き添っている。A
ちゃんは少し興奮気味で、両親に「おなかがすいた。のどが渇いた」と話しかけてい
る。30 分後に手術室に入室する予定である。
手術室に入室するまでの A ちゃんへの対応で適切なのはどれか。

1.水を飲ませる。
2.前投薬の追加を医師に相談する。
3.ベッド上で絵本を読み聞かせる。
4.両親と一緒にプレイルームで遊ばせる。


105 A ちゃんの手術は無事終了した。翌日、A ちゃんは眼のガーゼと眼帯が外され、
抗菌薬の点眼が始まり、退院が決まった。A ちゃんは眼を触らないように両上肢に
肘関節抑制帯をつけている。母親は「手術が無事に終わってほっとしました」と話し
た。
母親に対する退院後の留意点の説明で正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1.「家でも点眼を続けてください」
2.「家に帰ったら洗顔してもよいです」
3.「眼脂が続いたら受診してください」
4.「物が二重に見えることがあります」
5.「家に帰ったら肘関節の固定は必要ありません」
























  

解答 103 3
   104 3
   105 1、4