国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 13 難易度D

約 3 年前から転びやすくなった 68 歳の男性で、筋強剛と立ち直り反射障害があるが振戦はなく頭部 MRI では異常を認めない。最も考えられるのはどれか。
Parkinson 病
多系統萎縮症
正常圧水頭症
進行性核上性麻痺
大脳皮質基底核変性症
























  

採点除外問題
d◯ 進行性核上性麻痺 転びやすいと振戦の症状一致。
MRIでは中脳被蓋の萎縮、前頭葉の萎縮、第三脳室の拡大、上小脳脚の萎縮などの所見があるが、初期には出ないことも。

a Parkinson 病 症状は、振戦・無動・筋強剛と立ち直り反射障害。ただし初期には転びやすいという症状は出ないため×。
b 多系統萎縮症 転びやすいという症状とは一致するが、頭MRIで小脳脳幹萎縮の所見を認めていないので×。
c 正常圧水頭症 MRIで脳室拡大と高位円蓋部の狭小化を認めるので×。
e 大脳皮質基底核変性症  症状は、失行、他人の手徴候、記銘力障害、失語など。MRIで大脳皮質の患側の著しい萎縮を認めるので×。
DDD 各論 ξ