国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 C問題 22 難易度A

68 歳の男性。狭心症の定期受診のため来院した。待合室で冷汗と気分不快が出現し横になったところを、通りかかった研修医が発見した。胸痛と呼吸困難はない。半年前に経皮的冠動脈形成術(ステント留置術)を受け、抗血小板薬を内服している。最近食欲がなく、 7 日前から大量の黒色軟便に気付いていたという。診察時、意識レベルは JCSⅠ- 1 。脈拍 128/分(微弱)、整。血圧 82/50 mmHg。呼吸数 24/分。SpO2 94 %(room air)。顔面蒼白で多量の冷汗を認める。眼瞼結膜は貧血様である。心音と呼吸音とに異常を認めない。
初期対応として適切でないのはどれか。
a 人を集める。
b 酸素投与を行う。
c 血液型を確認する。
ベラパミルを静脈内投与する。
e 乳酸リンゲル液の点滴を開始する。
























  

ベラパミルを静脈内投与する。

出血性ショックの患者の対応。ベラパミルはカルシウム拮抗薬。
AAA 必修 Б

#狭心症 #postPCI #SpO2 94% #顔面蒼白で多量の冷汗 をナナメ読みしてしまいました。心筋梗塞ではなく出血性ショックの初期対応なんですね。勘違いして答えてしまいました、ありがとうございます。

| 管理人 | 2015/01/07 01:37 | URL |

この症例のポイントは、疑うべきは心筋梗塞では無く上部消化管出血からの貧血、更にそれに続く心不全によるショックだということ

| 名無し | 2015/01/06 22:38 | URL | ≫ EDIT

ST上昇型急性心筋梗塞の診療に関するガイドライン(2013年改訂版)では『肺うっ血や動脈血酸素飽和度低下(94%未満)を認める患者に対する投与』がクラスⅠになっています。
URL貼っておきます。
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2013_kimura_h.pdf

| 管理人 | 2015/01/05 22:55 | URL |

ルーチンでの酸素投与は有害であるという報告があります。もし2つ選べならb dですね。
ただ“国試”的にはMONAでOKだと思います。

| 管理人 | 2015/01/05 22:52 | URL |

bもじゃないですか?

| 名無し | 2015/01/05 21:52 | URL |