国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 I74

37 歳の男性。左下腹部痛を主訴に来院した。深夜、就寝中に突然の左下腹部痛で
目が覚めた。痛みは急激に増強し悪心と嘔吐とが出現したため受診した。意識は清
明。体温 36.3 ℃。血圧 158/94 mmHg。腹部に反跳痛を認めない。左側の肋骨脊
柱角に叩打痛を認める。尿所見:蛋白 1 +、糖(-)、潜血 3 +、沈渣に赤血球 15〜
30/1視野、白血球 1 〜 5/1視野。腹部超音波検査では左腎盂に軽度の拡張を認める
以外には異常を認めない。腹部エックス線写真正面像で第 3 腰椎の左横突起の外側
に 3 × 2 mm の石灰化を認める。非ステロイド性抗炎症薬の坐剤を挿入して症状は
軽快した。
今後の対応についての患者への説明として適切なのはどれか。 2 つ選べ。

a 「尿酸が主成分なので薬を処方しましょう」
b 「水分を十分摂取して尿量を増やしてください」
c 「また痛みが出てくるようなら手術をしましょう」
d 「痛みがなくても排石されるまで自動車の運転は危険です」
e 「左の尿管が閉塞しているのでその尿管に細いチューブを留置します」
























  

解答 b、d