国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 I72

75 歳の女性。顔面紅潮を主訴に来院した。半年前から家族に顔が赤くなったと言
われるようになった。めまいや頭重感を時々自覚するようになったため受診した。
喫煙歴はない。身長 145 cm、体重 50 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 68/分、整。血圧
158/90 mmHg。顔面は紅潮している。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
血液所見:赤血球 773 万、Hb 19.3 g/dL、Ht 61 %、白血球 15,320(桿状核好中球
20 %、分葉核好中球 55 %、好酸球 2 %、単球 6 %、リンパ球 17 %)、血小板 59 万、
好中球アルカリフォスファターゼスコア 440(基準 120〜320)。血液生化学所見:総
蛋白 6.6 g/dL、総ビリルビン 0.5 mg/dL、AST 20 IU/L、ALT 25 IU/L、LD 471
IU/L(基準 176〜353)、尿素窒素 18 mg/dL、クレアチニン 0.6 mg/dL、尿酸 8.0
mg/dL、Fe 29 ng/dL、ビタミン B12 1,200 pg/mL(基準 250〜950)、エリスロポエ
チン 2 mIU/mL(基準 8 〜36)。CRP 0.1 mg/dL。腹部超音波像で軽度の脾腫を認
める。骨髄穿刺検査では有核細胞数 72.5 万で、赤芽球、顆粒球および巨核球の 3
血球系統が増加している。
今後の治療として適切なのはどれか。 2 つ選べ。

a 瀉 血
b 鉄剤投与
c 造血幹細胞移植
d 低用量アスピリン投与
e 多剤併用抗癌化学療法
























  

解答 a、d