国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 I71

78 歳の男性。気分不良のため搬入された。 3 年前から慢性腎不全のため血液透析
を受けている。昨日午後の透析後、発熱と気分不良とを認め、安静にしていたが改
善しないため今朝 8 時に救急搬送された。身長 158 cm、体重 55 kg。体温 37.5 ℃。
脈拍 140/分、整。血圧 86/56 mmHg。右殿部から大腿にかけて発赤と腫脹とを認
め、会陰部右側と陰囊とに潰瘍があり、悪臭のある膿が出ている。血液所見:赤血
球 378 万、Hb 11.8 g/dL、Ht 36 %、白血球 16,900(桿状核好中球 36 %、分葉核好
中球 60 %)、血小板 14 万。血液生化学所見:総蛋白 6.1 g/dL、アルブミン 3.0 g/dL、
AST 14 IU/L、ALT 8 IU/L、LD 245 IU/L(基準 176〜353)、尿素窒素 45 mg/dL、
クレアチニン 7.8 mg/dL、Na 137 mEq/L、K 3.9 mEq/L、Cl 100 mEq/L、プロカ
ルシトニン 23.4 ng/mL(基準 0.05 以下)。CRP 21 mg/dL。外陰部の写真(別冊
No. 26A)と腹部・骨盤部単純 CT(別冊 No. 26B)とを別に示す。
輸液による循環管理と抗菌薬全身投与とともに、早期に行うべき治療はどれか。

a 抗真菌薬投与
b 創の縫合閉鎖
c 切開排膿ドレナージ
d 免疫グロブリン製剤投与
e 副腎皮質ステロイド投与
I71.jpg
























  

解答 c