国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 I69

75 歳の女性。意識混濁のため搬入された。 4 か月前から易怒性、興奮および不
眠が出現し、健忘が急速に進行した。 1 か月前から床上生活となり、幻視も出現し
て意思疎通が困難となった。昨日から意識が混濁し回復しないため救急搬送された。
海外渡航歴、輸血歴および手術歴はない。意識レベルは JCSⅠ- 3 。開瞼している
が眼球は浮動しており、追視せず意思疎通は困難である。身長 155 cm、体重 58 kg。
体温 36.2 ℃。脈拍 60/分、整。血圧 112/68 mmHg。呼吸数 20/分。四肢に筋強剛
を認め、両上肢と左下肢とにピクつくような素早い不随意運動を周期性に認める。
腱反射は全般に亢進しているが、Babinski 徴候は陰性である。尿所見、血液所見
および血液生化学所見に異常を認めない。頭部 MRI の拡散強調像(別冊 No. 25)を
別に示す。
この患者における感染防御で最も注意すべきなのはどれか。

a 脳波検査
b 喀痰培養
c 脳脊髄液検査
d 動脈血ガス分析
e 上部消化管内視鏡検査

I69.jpg
























  

解答 c