国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 I56

68 歳の男性。左下肢の紫斑を主訴に来院した。 2 週前から左下肢に紫斑が出現
し徐々に拡大した。 1 週前から左下肢に疼痛も自覚するようになったため受診した。
これまでに出血症状の既往はない。意識は清明。体温 36.4 ℃。血圧 154/88 mmHg。
腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。血液所見:赤血球 210 万、Hb 6.8 g/dL、
Ht 20 %、白血球 6,400(桿状核好中球 6 %、分葉核好中球 54 %、好酸球 2 %、単球
6 %、リンパ球 32 %)、血小板 30 万、出血時間 3 分 20 秒(基準 7 分以下)、PT 90 %
(基準 80〜120)、APTT 64.7 秒(基準対照 32.2)、血漿フィブリノゲン 256 mg/dL
(基準 200〜400)、血清 FDP 4 μg/mL(基準 10 以下)。凝固因子検査の結果は第Ⅷ
因子活性 6 %(基準 78〜165)、第Ⅸ因子活性 92 %(基準 67〜152)、von Willebrand
因子活性は正常であった。左大腿から膝関節部内側の写真(別冊 No. 17)を別に示す。
最も考えられるのはどれか。

a 血友病 A
b 血友病 B
c 後天性血友病
d 播種性血管内凝固〈DIC〉
e 特発性血小板減少性紫斑病

I56.jpg
























  

解答 c