国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 I54

55 歳の男性。全身倦怠感、体重減少および腹痛を主訴に来院した。過敏性腸症
候群の診断で 5 年前から症状に応じて外来診療を受けている。 3 か月前から全身倦
怠感が続き、この 3 か月で体重が 5 kg 減少した。 1 か月前から内服を継続してい
たが右下腹部痛が増悪してきた。 4 、 5 日前から仕事への意欲が低下し職場での人
間関係がうまくいかなくなったため受診した。喫煙歴と飲酒歴とはない。身長
155 cm、体重 49 kg。脈拍 84/分、整。血圧 100/78 mmHg。眼瞼結膜は貧血様で
ある。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。便通は週 3 回で硬便であるが、明らか
な血便はなく、ほぼ 1 日中腹痛がある。血液所見:赤血球 274 万、Hb 7.6 g/dL、
Ht 22 %、白血球 5,400、血小板 28 万。血液生化学所見:総蛋白 6.3 g/dL、アル
ブミン 3.6 g/dL、総ビリルビン 1.0 mg/dL、AST 21 IU/L、ALT 11 IU/L、LD 179
IU/L(基準 176〜353)、ALP 227 IU/L(基準 115〜359)、γ-GTP 40 IU/L(基準 8 〜
50)、尿素窒素 17 mg/dL、クレアチニン 0.9 mg/dL。CRP 0.1 mg/dL。
対応として適切なのはどれか。

a 精神科医へのコンサルテーション
b 過敏性腸症候群の治療薬変更
c 器質的疾患の検索
d 中心静脈栄養
e 経過観察
























  

解答 c